新型コロナウィルスに対する当社の対応について


 はじめに、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 感染拡大が続く状況を考慮し、新型コロナウィルス感染症に関する当社対応および想定される影響等についてご案内いたします。

 各対応にあたり、ご利用者様・お取引先の皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

1.納品・引取りについて、ご利用者様本人、ご家族様が新型コロナウィルスに感

染、もしくは濃厚接触者の可能性がないかどうかを事前に確認お願いいたします。感染、濃厚接触者と確認された場合、納品・引取の延期をお願い致します。また、作業当日に発熱などの症状が確認できた場合、速やかに各事業所までご連絡をお願い致します。感染の可能性はないかの確認がとれない場合、現場で発症、濃厚感染者が確認された場合も納品・引取の延期をお願い致します。

 

2.納品・引取後14日以内にご利用者本人、ご家族様が新型コロナウイスルに感染、もしくは濃厚接触があり陽性の検査結果が出た場合、必ず各事業所に連絡をお願い致します。

 

3.現在、福祉用具を使用中のご利用者様本人、同居しているご家族様が新型コロナウイスルに感染、または濃厚接触者と確認された場合、保健所の許可が下りるまで納品・引取の延期をお願い致します。

 

皆様におかれましては、状況ご賢察の上、引き続きご理解ご協力を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

令和2年4月20日
(株)米谷暮らし研究所
代表取締役 米谷元希

米谷暮らし研究所

米谷暮らし研究所は

理学療法士が運営する福祉用具貸与事業所です!!

米谷暮らし研究所

What's News!!

米研からの最新のお知らせ

米谷暮らし研究所が目指すもの

環境でリハビリ

環境でリハビリする

「生活リハビリ」って「生活がリハビリになること」と思っていませんか?
自分に合った環境とライフスタイルでできる限り
自己実現を達成できる自立支援を!!

介護者の負担軽減

介護環境の変化で、介護の効率UP!介護者の負担も軽減!

間違えたベッドの位置や高さで介護していませんか?
そのイスは本当に身体に合っていますか?身体が傾てきませんか?
「いっせーので!」という掛け声で介護していませんか?
腰痛、肩こり手の痛みを訴えている介護者はいませんか?
3年後...5年後...もその環境で介護を続けられますか?

歩行器

NO REHA=NO LIFE

本当のリハビリテーションのあり方を見つけ出しませんか?

私たちのできること

福祉用具の選定

理学療法士が福祉用具の選定

正しい姿勢で使える車イスの選定。
身体機能に適したベッドやマットレス
その周辺用具の選定。
褥瘡予防のためのポジショニング。
安全かつ安楽な移乗用具の選定。など

住宅改修

理学療法士が住宅改修の提案

正しい高さの手すりの提案。
改修後の動き方の提案。
など動きやすく、その方ができる限り自身の役割を果たせるような住空間の提案。

介助法の提案

介助法の提案

介助する側される側、お互い快適な介助法の提案。
それに付随した介助用具の提案。
残存機能を維持向上させることのできる介助法の提案。

米谷暮らし研究所

セミナーの企画運営

上記内容や褥瘡・住改・介助法・介護環境コンサル・排尿・オムツなど、

特養・デイ・ケアプランセンターなど様々な施設で開催しております。

詳しくはお問い合わせください。

笑顔

笑顔

笑顔こそ万能薬!!

米谷暮らし研究所

沿革

どんな会社にもそれぞれのストーリーがあります。私たちがどのようにして事業を立ち上げたか、どのようにして今日まできたのかをご覧ください。

理学療法士

詳しく知りたい方へ

当社のスタッフや事業内容などに関するご質問がありましたら
お気軽にお問い合わせください。